登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

学者、太陽系の謎の光線を見つける

© AFP 2021 / Dominique Faget学者、太陽系の謎の光線を見つける
学者、太陽系の謎の光線を見つける - Sputnik 日本
フォローする
米マイアミ大学の学者たちが、多方向から地球を攻撃するX線を発見した。論文は科学誌『Astrophysical Journal』に掲載された。

木星の衛星エウロパ - Sputnik 日本
木星の衛星エウロパ 氷の下に海が見つかる
宇宙空間でのX線は局所泡や太陽風の存在によって発生するというのが定説だ。局所泡とは、銀河系のオリオン腕の星間物質にある空洞だ。太陽風とは、太陽表面にあるコロナから秒速1200キロの速さで噴出す極めて高温で電離した粒子だ。

NASA協力の下行われた新たな実験は、宇宙に存在するX線の60%は第3の発生源から発生していると示した。この物質は未だ科学によっては未確認だ。

どこから来ているか不明な宇宙光線を観測したのはDXL気象観測用ロケットだ。

なお先に伝えられたところによると、NASA=米航空航空局が資金援助している多量の研究が無償でアクセス可能になった

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала