2015年「サハリン2」プロジェクトで生産された石油の約45パーセントが日本へ届けられた

© Sputnik / Ramil Sitdikov石油
石油 - Sputnik 日本
サハリン・エナジー社は2015年、「サハリン2」プロジェクトの枠内で石油を57回、液化天然ガス(LNG)を156回輸出のために送り出した。同社の代表オレ・マイケルステッド氏が28日、会議「サハリンの石油とガス2016」で発表した。

石油 - Sputnik 日本
原油価格、米備蓄量の減少で再び値上がり
マイケルステッド氏は、「2015年は主に日本、韓国、中国に供給された。約45パーセントの石油が日本の大手企業らによって出荷され、約3.5パーセントがインドネシアとシンガポールへ送り出された。これは石油の需要が高いことを物語っている」と述べた。

先にロシアのガスプロム社が「対日供給を想定し、極東サハリンの液化天然ガス(LNG)生産基地を増設する」と報じられた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала