登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

マレー機MH17便ウクライナ墜落原因究明委員会の会見、主な総括

© AFP 2021 / EMMANUEL DUNAND マレー機MH17便ウクライナ墜落原因究明委員会の会見、主な総括
マレー機MH17便ウクライナ墜落原因究明委員会の会見、主な総括 - Sputnik 日本
フォローする
2014年7月ウクライナ東部のドンバスで墜落したマレー航空機MH17便の国際事故原因究明委員会の作業は同年夏から来年2018年の初頭まで続けられる。28日に開かれた委員会の究明報告会見でオランダの検事総長が明らかにした。

ペスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本
ロシア政府、MH-17墜落調査をめぐる憶測について声明
記者会見ではMH17便をドンバス上空で撃墜したのはロシアから運搬された地対空ミサイル「ブーク」であると断定された。

委員会の報告ではミサイルが発射された地点はスネジュヌィの南に位置するペルヴォマイスコエ居住区。

委員会はこうした帰結に至った証拠資料として人工衛星の撮影、「ブーク」がミサイル発射の場所へと移動する様子をとらえたSNS上の写真、通話内容の解読、目撃者の証言を挙げている。

検事総長は、現時点では事故原因究明委員会はMH17便の墜落の容疑者として100人をつかんでいるものの、このブーク乗員が命令を受けてこれを行なったか、それとも自らの意思に従ったかはまだ不明と語っている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала