冒険好きツーリストにおすすめのコース18

9月27日は、世界観光デーだ。浜辺でのありきたりなバカンスがお好きでない方、冒険や新しい刺激をお探しの方達に、スプートニクが18のおすすめコースを御紹介する。
© AFP 2022 / Martin Bernetti南米チリのサファリパークでは、身近にライオンを見ることができる。ただそのためには、ご自身が檻の中に入る必要がある。
南米チリ - Sputnik 日本
1/18
南米チリのサファリパークでは、身近にライオンを見ることができる。ただそのためには、ご自身が檻の中に入る必要がある。
© Fotolia / Simon Dannhauer「トロール(山神)の舌」では、あなたの神経が快くくすぐられる。この奇妙な名前を持った岩は、ノルウェーの町オッダ近くのスキエッゲダル山にある。この岩は高さ700メートルで、リンゲダルスヴァトン湖の上にそびえたっている
「トロール(山神)の舌」 - Sputnik 日本
2/18
「トロール(山神)の舌」では、あなたの神経が快くくすぐられる。この奇妙な名前を持った岩は、ノルウェーの町オッダ近くのスキエッゲダル山にある。この岩は高さ700メートルで、リンゲダルスヴァトン湖の上にそびえたっている
© AP Photo「死の檻」と名付けられた観光客用アトラクション。南アフリカのあるワニ飼育農場でやっている。
「死の檻」 - Sputnik 日本
3/18
「死の檻」と名付けられた観光客用アトラクション。南アフリカのあるワニ飼育農場でやっている。
© Fotolia / Tomfryスラックライン (ストロップの上を歩く) は、エクストリームスポーツの一種とみなされているため、山岳地帯での特別訓練が求められる。
スラックライン (ストロップの上を歩く) - Sputnik 日本
4/18
スラックライン (ストロップの上を歩く) は、エクストリームスポーツの一種とみなされているため、山岳地帯での特別訓練が求められる。
© AFP 2022 / Stringer事実上、もしやろうと思えば、世界のどこの町でもできる。バルーン(風船)を使った観光。
バルーン(風船) - Sputnik 日本
5/18
事実上、もしやろうと思えば、世界のどこの町でもできる。バルーン(風船)を使った観光。
© AP Photo / Rodrigo Abd南米ペルーの観光のメッカ、古代都市マチュピチュ。毎年ここには、世界中から100万人以上の旅行客が訪れる。
マチュピチュ - Sputnik 日本
6/18
南米ペルーの観光のメッカ、古代都市マチュピチュ。毎年ここには、世界中から100万人以上の旅行客が訪れる。
© Sputnik / Sergey Malgavkoクリミア半島のシメイズにある乙女岩、ここに今年9月、ロシア初のハイダイビングのトレーニング基地ができた。
ハイダイビング - Sputnik 日本
7/18
クリミア半島のシメイズにある乙女岩、ここに今年9月、ロシア初のハイダイビングのトレーニング基地ができた。
© 写真 : Public Domainグレートブルーホール 、カルスト地形にできた陥没穴の直径は305メートル、深さは120メートル。ベリーズ・バリアリーフのライトハウス環礁の中心にある。ここでは、巨大なハタやサンゴ礁に特有の様々なサメ達を見ることができる。
グレートブルーホール - Sputnik 日本
8/18
グレートブルーホール 、カルスト地形にできた陥没穴の直径は305メートル、深さは120メートル。ベリーズ・バリアリーフのライトハウス環礁の中心にある。ここでは、巨大なハタやサンゴ礁に特有の様々なサメ達を見ることができる。
© AP Photo / Jon Chol Jin北朝鮮、ツーリズムの観点から言って世界で最も閉じられた興味深い国の一つ。
北朝鮮 - Sputnik 日本
9/18
北朝鮮、ツーリズムの観点から言って世界で最も閉じられた興味深い国の一つ。
© Fotolia / Lukasz Janystベイスジャンピングもエクストリームスポーツの一つとして魅力的だ。ただ多くの国では、特別な許可なしにビルからパラシュート降下すると、不良行為とみなされるのでご注意を。
ベイスジャンピング - Sputnik 日本
10/18
ベイスジャンピングもエクストリームスポーツの一つとして魅力的だ。ただ多くの国では、特別な許可なしにビルからパラシュート降下すると、不良行為とみなされるのでご注意を。
© 写真 : Sergey Volkov/ Roscosmosあなたがもし、すこぶる健康で経済的にも恵まれているならば、宇宙旅行も選択肢の中に入る。
宇宙旅行 - Sputnik 日本
11/18
あなたがもし、すこぶる健康で経済的にも恵まれているならば、宇宙旅行も選択肢の中に入る。
© Sputnik / Stringer放射線量が大幅に低下したことから、チェルノブイリ原発の立入禁止区域に初めて見学客が入ったのは、1990年代のことだった。2000年代初めにはすでに、専門の旅行会社も登場、特別ツァーを組織している。
チェルノブイリ - Sputnik 日本
12/18
放射線量が大幅に低下したことから、チェルノブイリ原発の立入禁止区域に初めて見学客が入ったのは、1990年代のことだった。2000年代初めにはすでに、専門の旅行会社も登場、特別ツァーを組織している。
© Sputnik / Mikhail Voskresenskiyもしチャンスがあれば、イスラム教徒なら誰でも人生で一度は参加してみたいのは、やはりメッカ巡礼の旅だ。
メッカ - Sputnik 日本
13/18
もしチャンスがあれば、イスラム教徒なら誰でも人生で一度は参加してみたいのは、やはりメッカ巡礼の旅だ。
© Fotolia / Andreas Edelmann狩猟や写真撮影を目的としたサファリ・ツアーは、アフリカの旅行ビジネスの花形で、多くの国々の国庫に少なくない利益をもたらしている。とはいえ今も昔も、質の高い本当のハンティングをする財布の余裕のある人は,そう多くはない。
サファリ・ツアー - Sputnik 日本
14/18
狩猟や写真撮影を目的としたサファリ・ツアーは、アフリカの旅行ビジネスの花形で、多くの国々の国庫に少なくない利益をもたらしている。とはいえ今も昔も、質の高い本当のハンティングをする財布の余裕のある人は,そう多くはない。
© AFP 2022 / Str今年7月、上海の超高層ビル「ジンマオ」の最上階88階の高さに、ガラス製の展望台がオープンした。このビルの最上階は高さ366メートル、ただガラスの展望台の幅は、たった1,2メートルしかない。
上海の超高層ビル「ジンマオ」 - Sputnik 日本
15/18
今年7月、上海の超高層ビル「ジンマオ」の最上階88階の高さに、ガラス製の展望台がオープンした。このビルの最上階は高さ366メートル、ただガラスの展望台の幅は、たった1,2メートルしかない。
© Fotolia / Dietwaltherゴシックファンには、ブエノスアイレスのレコレータ地区にある同名の墓地が興味深いかもしれない。個々にある墓標のいくつかは。歴史的建造物とみなされている。
ゴシックファン - Sputnik 日本
16/18
ゴシックファンには、ブエノスアイレスのレコレータ地区にある同名の墓地が興味深いかもしれない。個々にある墓標のいくつかは。歴史的建造物とみなされている。
© Sputnik / Vera Kostamoもしあなたに時間とお金があれば、フランツヨーゼフランドへのツアー券を購入し、砕氷船に乗って、ユニークで素晴らしい北極の旅をすることができる。
北極 - Sputnik 日本
17/18
もしあなたに時間とお金があれば、フランツヨーゼフランドへのツアー券を購入し、砕氷船に乗って、ユニークで素晴らしい北極の旅をすることができる。
© AFP 2022 / Toru Yamanaka2011年3月11日に国際基準で最大7の原子力発電所事故がおきた福島県は、今や冒険旅行ファンにとって旅行のメッカとなった。
福島県 - Sputnik 日本
18/18
2011年3月11日に国際基準で最大7の原子力発電所事故がおきた福島県は、今や冒険旅行ファンにとって旅行のメッカとなった。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала