日本 宇宙開発分野でロシアとの協力発展の意向

日本とロシア両政府は、経済的協同行動拡大の枠内で、宇宙テクノロジー及び宇宙開発分野での協力を強化する諸問題の話し合いを開始した。10月1日、読売新聞電子版が伝えた。

日本政府 「ロシア経済分野協力担当大臣」の新設を決定 - Sputnik 日本
日本政府 「ロシア経済分野協力担当大臣」の新設を決定
今後この分野での協力の基盤に置かれるのは、ロシアの「ヴォストートヌィ」基地からの人工衛星打ち上げと宇宙関連テクノジーだ。

ロシアとの経済協力発展問題を担当する世耕弘成(ひろしげ)経済産業相は、来月11月のロシア訪問時に、この問題を討議する作業グループの創設を提案すると見られている。

現在、日本は衛星打ち上げ用に、国産のH-2Aを使用しているが、その稼働は外国産のものに比べかなり高くつくため、日本の専門家らは、毎回の打ち上げ経費を下げることができる新しいモデルH-3を開発中だ。

もし日本が、より安くつくロシア製のロケットの助けを借りて、人工衛星打ち上げを実施できれば、民間通信衛星会社による利用拡大につながると期待されている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала