ロシア嫌いは不治の病?

© Sputnik / Kirill Kallinikovロシア国旗
ロシア国旗 - Sputnik 日本
西側で、ロシア人は「悪い奴ら」だと一般的に認められているのは事実だ。政治指導者、そしてメディアも彼らと一緒になって常にこのことに言及している。西側はロシアに対するネガティブな偏見に陥っている。

クリントン前国務長官 - Sputnik 日本
「全部プーチンのせい」:米紙、クリントン演説を嘲笑
スイスの歴史家で、スイス ・ロシア商工会議所会頭のギー・メタン氏の著書「ロシア嫌い、不信の千年(Russofobia, mille anni di diffidenza)」では、西側のロシア嫌いについて述べてられている。

『ロシア嫌い、不信の千年』は、スイス、ロシア、イタリアで発売され、米国では2016年に出版する準備が進められており、2017年にはセルビア語と中国語での出版が予定されており、さらにスウェーデン語でも出版される可能性がある。

著者のギー・メタン氏は、「スプートニク」のインタビューで、『ロシア嫌い、不信の千年』の出版について、次のように語った-

「もしかしたら逆説的に見えるかもしれないが、ロシア嫌いは、ロシア自体よりも古くから存在していた!これは800年にカール大帝が築いた西ローマ帝国とコンスタンティノープルの東ローマ帝国、すなわちカトリック教会と正教会の政治的・宗教的な対立から始まった。

当時、主に2つの偏見が存在していた。それは東方民族は野蛮であり、そして彼らの主権者たちは暴君で、領土などの拡張主義や、領土などの強制的な略奪への欲求は彼ら特有のものであり、彼らは攻撃的、そして無実で気高い西側に勝つことを夢見ているだけだ!というものだった。これは今我々が反ロシア・メディアに見ているのと同じステレオタイプだ。

国家院議員アレクセイ・プシコフ - Sputnik 日本
専門家:西側のロシア悪魔化は冷戦時代を超えている
ロシア嫌いの現段階は、ルイ15世の秘密機関が偽物の『ピョートル大帝の遺言状』を作成した8世紀末にフランスで始まった。この偽物の「ピョートル大帝の遺言状」では、皇帝が自分の後継者たちに欧州と戦うよう遺言した。ナポレオンは、自身のロシア侵攻を正当化するために、この遺言状を1812年に公開した。英国人は文書を翻訳し、1853年のクリミア戦争で使った。この『遺言状』が偽物であると認められたのは、フランス人と英国人のロシア嫌いが数十年続いた後の19世紀末になってからのことだった。

これら全ては現代にも当てはまっている。米国人はロシアを非難するためにこれと同じ手法を2014年2月にウクライナで使った。ウクライナの合法政府打倒を助けたクーデターが米国によって準備され、資金提供されたことは、ヴィクトリア・ヌーランド氏が議会を前に認めた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала