登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

メディア、米国が軍艦や潜水艦からの核廃棄物をどこに保存するかを明らかに

© AP Photo / Juan Carlos Llorcaメディア、米国が軍艦や潜水艦からの核廃棄物をどこに保存するかを明らかに
メディア、米国が軍艦や潜水艦からの核廃棄物をどこに保存するかを明らかに - Sputnik 日本
フォローする
米国エネルギー省及び海軍は潜水艦や軍艦からの使用済み核燃料の貯蔵のためにアイダホ州に施設を建設する。AP通信が報じた。

ロシア、日本の原発近代化に助力を申し出る - Sputnik 日本
ロシア、日本の原発近代化に助力を申し出る
建設費は16億ドルと見積もられている。施設は面積2300平方キロメートル。現時点でそこには59年以上にわたり米国の軍艦から核廃棄物を受け取っているアイダホ国立研究所がある。

旧施設が耐用年数を過ぎているので新しい施設が必要という。また旧施設はジェラルド・R・フォードなど新しいタイプの軍艦からの廃棄物を受け入れることができない。アイダホ州の既存の設備を使用する可能性もあるがいずれにしろ再整備が求められる見込みという。

先に、日本は、福島第1原子力発電所の廃炉に必要な溶け落ちた核燃料の取出しなどの技術開発で米国とフランスと連携する、と報じられた

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала