登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米国がシリア軍への空爆を検討開始、ワシントンポスト紙

© REUTERS / Abdalrhman Ismail米国がシリア軍への空爆を検討開始、ワシントンポスト紙
米国がシリア軍への空爆を検討開始、ワシントンポスト紙 - Sputnik 日本
フォローする
米国政権はシリア紛争への軍事介入の可能性を検討している。ワシントンポスト紙が報じた。

ロシア国防省、シリアへのS-300供給の目的を明らかに - Sputnik 日本
ロシア国防省、シリアへのS-300供給の目的を明らかに
同紙の報道によれば、先週ホワイトハウスでは国務省、CIA、米国統合参謀本部の代表者らを交えた会合が行なわれ、シリア政権側の陣地へ空爆を行なう問題が話し合われている。

この問題の討議はおそらくオバマ大統領が率いる米国安全保障会議の会合に持ち越されるものと見られている。会合は今週末にも開かれる可能性がある。

討議に参加したひとりは案として、シリア空軍の滑走路に巡航ミサイルおよび他の長距離的な手段で空爆を行なうことが検討されたほか、国連安保理の承認を回避してシリア体制の陣地に攻撃を行うことへの米大統領府の反対をかわすため、作戦を秘密裏に行う提案も挙げられたと話している。

先に伝えられたところでは、米国はシリア停戦に関するロシアとの2国間協力を停止すると、米国務省のジョン・カービー報道官が声明した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала