登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

あくびと脳のサイズの関係が発見

© 写真 : Eric Kilbyあくびと脳のサイズの関係が発見
あくびと脳のサイズの関係が発見 - Sputnik 日本
フォローする
米ニューヨーク州オニオンタの大学の心理学者が哺乳類のあくびの長さと脳のサイズの関係を発見した。論文は科学誌『Biology Letters』に掲載され、概要はサイト「Science News」が報じた。

学者 セックス、夢そしてスポーツに最適の時間帯を特定 - Sputnik 日本
学者 セックス、夢そしてスポーツに最適の時間帯を特定
大脳皮質にあるニューロンの数が少ない動物は、発達した神経システムを持つ哺乳類よりも短くあくびする。学者は人と動物、特にねずみ、猫、狐、ハリネズミ、セイウチ、ゾウが映った動画29を分析し、このような結論に至った。

120万のニューロンがあると数えられている霊長類は約6秒間と他の哺乳類より長くあくびした。この反射行為が同じくらい続いたのはアフリカゾウで、誰よりも早く1.5秒であくびを終えたのはねずみだ。

研究者たちは観察された関係の理由を、あくびは脳への血流増加と脳の冷却を提供しているからだと見ている。動物の脳が大きいほど、脳の冷却にさらに多くの時間がかかる。

先に伝えられたところでは、科学者らは、健康的な睡眠のための理想的な姿勢を明らかにした。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала