登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア人科学者、南極で新バクテリアを発見

フォローする
南極の地底湖ヴォストークで今までに知られていないバクテリアが発見された。コンスタンチノフ記念ペテルブルグ核物理学大学、低温宇宙生物学実験室のセルゲイ・ブラート室長の発表をヴェスチ紙が報じた。

南極大陸 - Sputnik 日本
科学者ら、南極大陸で古代ピラミッドを発見(写真)
新バクテリアはВ123-10と命名。見つかったのはボーリング用ドリルのヘッド部分で凍った水の中。分析の結果、遺伝的にはこれはすでに発見されている有機体の構成に86%は似ていることが明らかになった。

ヴォストーク湖は水深1200メートル。こうした地底湖としては地球上では唯一のもので、類似した地底湖は土星、木星の第2衛星のエウロパ、第3衛星のガニメデ、第4衛星のカリスト、土星の第2衛星のエンケラドゥスにしかない。

先に伝えられたところによると、世界中で発見されたサメの歯を研究するグループがこのサメが有史以前、太平洋と大西洋に生息していたことを明らかにした

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала