登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシアで「永遠の」電池が作られる

フォローする
コロレバアカデミー会員記念サマーラ研究大学の専門家が、電池の寿命を延ばすユニークな技術を披露した。また、電池は100年間機能するという。地元メディアが報じた。

学者 - Sputnik 日本
ロシアの科学者、モリブデンによる癌の治療法を開発
電池の基礎に炭化ケイ素に基づいた革新的な構造が使われている。炭化ケイ素とは、カーバイドの10倍の放射線を受け入れる放射受動素材だ。電池には100年間エネルギーを生み出せる放射性元素が使われている。

研究者らは、革新的な電池は到達困難な場所や体内に埋め込まれた医療機器内を中心に様々なセンサーの仕事のため使用することを進められていると述べた。

電池の実験サンプルは今年10月、11月にはすでにサマーラの専門家によって披露される可能性がある。

先に伝えられたところによると、南極の地底湖ヴォストークで今までに知られていないバクテリアが発見された

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала