ベネズエラ国営石油会社職員らが、食糧を買うため制服を売る

© AP Photo / Ariana Cubillosベネズエラ国営石油会社職員らが、食糧を買うため制服を売る
ベネズエラ国営石油会社職員らが、食糧を買うため制服を売る - Sputnik 日本
ベネズエラ国営石油会社職員らが、所有しているクレジットカードの使用可能限度額を超えたため、彼らは食糧を買うために転職し制服を売っている。ロイターが報じた。

キューバのラウル・カストロ議長 - Sputnik 日本
カストロ議長 プーチン大統領に石油頼む
国営石油会社ペトロレオス(PDVSA)の職員は食料購入、公共交通機関、子どもの教育費で節約しているという。この状況は、3桁のインフレのため起こった。職員らはまた靴、ズボン、手袋、マスクなども売っている。

15万人ほどと数えられるペトロレオス職員の月給は35ドルから150ドル。彼らの給料はベネズエラのほかの人より高いが、職員ら自身によると、この額では足りないという。

ベネズエラの経済危機は労働者を失望させており、彼らは仕事をサボったり、他国に去り始めているという。ロイターによると、このような状況は国の製造業を害する。

国営石油企業ペトロレオスは数10年間魅力的な職場であり続けた。つまり、同国平均以上の給料、大幅な割引、安いクレジットなどが与えられていた。

先に伝えられたところでは、経済危機の最中にあるベネズエラでは、家族が亡くなった時、大勢の国民が一般的な木製の棺を購入することができず、段ボールの棺を利用するケースが増えているという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала