米国、2基の核爆弾の弾頭装填実験を実施

© 写真 : Public domain米国、2基の核爆弾の弾頭装填実験を実施
米国、2基の核爆弾の弾頭装填実験を実施 - Sputnik 日本
米エネルギー省付属国家核安全保障局と米空軍は10月、2度の核爆弾の弾頭装填の実験を行なったことを明らかにした。実験に使われた核爆弾はB61の派生形。国家核安全保障局広報部が発表した。

北朝鮮、核兵器開発完了 - Sputnik 日本
北朝鮮、核兵器開発完了
発表によれば実験が行なわれたのはB61-7とB61-11の弾頭装填で両方の爆弾とも核は装填されていない。実験はネバダ州トノパ射撃場で戦略爆撃機B2Aスピリット2機を使って行なわれてた。2機には敵のレーダーにキャッチされにくいステルス技術が用いられている。

国家核安全保障局の説明では投下された弾頭装填には爆弾の精度、信頼性を確定する目的で爆弾の飛行を図る装置が設置されていた。国家核安全保障局は、実験はデーター分析の結果、成功したことを明らかにした。

先に伝えられたところでは、米国の将軍たちが、未来の対露・対中戦争は素早く、そして多数の犠牲者を出すと発言した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала