トランプ氏もクリントン氏も、両者は中国の脅威

© REUTERS / Adrees Latif トランプ氏もクリントン氏も、両者は中国の脅威
トランプ氏もクリントン氏も、両者は中国の脅威 - Sputnik 日本
民主党のヒラリー・クリントン氏か、共和党のドナルド・トランプ氏か、誰が次期米大統領になるにかかわらず、次期大統領が最も注視するのは中国で、2番目に世界経済となると、大和証券キャピタル・マーケッツのアナリストたちは見ている。

ドナルド・トランプ大統領候補 - Sputnik 日本
NYT:トランプ氏に多年にわたり税金を払っていなかった疑い
同社のアナリストたちは、次期米国大統領は対中関係、特に、輸入関税上昇に関する態度を変えると指摘する。これは中国経済に打撃を与える可能性があり、同国GDPは1.75%低下する可能性もある。

トランプ氏は勝利した場合、中国からの輸入に45%の関税をかけると公約しており、アナリストは「賢明」な動きだと呼んでいる。だが、クリントン氏も中国との貿易の話に入るとおそらく、厳しい立場を取るだろうとアナリストたちは指摘する。

大和証券キャピタル・マーケッツは、輸入関税が現在の4.2%から15%まで引き上げられた場合、中国経済への影響は「本質的な意義を持つ」と指摘する。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала