ロシアでこぐまは1ルーブルで売られてる

変わった商品がクラスノヤルスクのインターネットオークションに登場した。メスのこぐまが1ルーブルで売られているのだ。また、引き取りはすぐに行われないといけず、引き渡しの際に手伝うことを約束している。

ロシア人家族と20年一緒に住んでいる熊 - Sputnik 日本
ロシア人家族と20年一緒に住んでいる熊(写真、動画)
掲示には次のように書かれている。

「良き飼い主に年齢10ヶ月の小メスクマ、マーシャを差し上げます。引き渡しの際には手伝います。至急引取が必要です!」

今年春、ハンターたちが森で、親のいないこぐま2匹のいた冬眠場所を見つけた。こぐまたちが死なないために、地元住民は彼らを引き取った。しかしこぐまはすぐに大きくなった。だが雌熊のマーシャは村に残ったままとなった。

マーシャのために特別なブースが作られ、村全体が魚を取り、手から餌を与え、小川でおよぐなど世話をしている。

地元住民はSNSで次のように説明している。

「動物園は引き取らないので、クマを現在飼っている人物が良き飼い主へと形だけの価格として1ルーブルで引き渡す」

彼らは、もしマーシャが引き取られないと、射殺せざるを得ない可能性もあると指摘する。

先に伝えられたところによると、カザフスタン領内にあるバイコヌール宇宙船発射基地は、ハタリスの生息状況に肯定的な影響を与えた

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала