大規模な嵐が火星を包み込む

学者たちの情報によると、近いうちにも火星で大規模な砂嵐が発生する。

「プロキシマb」の絵 - Sputnik 日本
学者、太陽系に最も近い「地球の双子」上の巨大海を報告
10月末に嵐は中規模のものとなり、数週間後には大規模な砂嵐が発生する見込みだという。

火星で初めて大規模な嵐が観測されたのは1971年。その後、嵐は1982年、1994年、2001年、2007年に望遠鏡によって確認された。天文学者らの計算に基づくと、2016年の秋に火星で大規模な嵐が発生する見込み。米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所の職員ジェームズ・シャーリー氏が説明した。

最近火星で発生したものの一つである2007年の嵐は、NASAの火星探査機「オポチュニティ」と「スピリット 」が太陽エネルギーを受け取るのを非常に困難にした。
シャーリー氏によると、大規模な砂嵐は、太陽のまわりを公転する火星の角運動量に対する他の惑星の影響の変化によって生じる。

先にSpaceX社が火星移住計画を発表したと伝えられた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала