火星に生命体が存在できる場所が発見

© 写真 : r0sss火星に生命体が存在できる場所が発見
火星に生命体が存在できる場所が発見 - Sputnik 日本
火星北半球にあるDeuteronilus Mensaeという地域は氷を多く含んでいるため、第1回目の有人調査に適している可能性がある。研究者たちは、まさにこの地域で地球外生命体を発見できる可能性があるとの自信を表している。

火星への飛行は宇宙飛行士のIQを低下させる? - Sputnik 日本
火星への飛行は宇宙飛行士のIQを低下させる?
学者たちによって定められた地域の半径は約100キロ、ユートピア平原とクリュセ平原の間に位置する。

世界の一流宇宙機関は以前から1度ならず、火星に調査隊を送る意向を発表している。特に、NASAは2030年台に宇宙飛行士を着陸させる予定であり、米国の私企業SpaceXは2024年までにはすでに火星への有人飛行を計画している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала