カナダで軽飛行機墜落

カナダ西部のブリテッシュコロムビア州で軽飛行機が墜落、乗っていた4人が死亡した。カナダ運輸安全委員会(TSB)のビル・イェルウッド委員長が伝えた。

「アエロフロート」ジュネーブ―モスクワ便、爆破予告受け無人で飛行 - Sputnik 日本
「アエロフロート」ジュネーブ-モスクワ便、爆破予告受け無人で飛行
事故を起こしたのは双発機で、アルバータ州のスプリングバンク空港に向かっていた。ケローナの町から離陸後まもなく、同機の機影がレーダーから消えたという。

テレビCBC News.の報道によれば「イェルウッド委員長は、軽飛行機は墜落、乗っていた全員が死亡した」と伝えた。

委員会の発表では、飛行機の残骸は、ブリテッシュコロムビア州ウィンフィールド郊外で見つかったとのことだ。

先に日本の三菱航空機が開発する国産旅客機「MRJ」がテスト飛行中に能登空港への予定外の着陸を行なっていたことが明らかになった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала