ロシアの航空母艦 シリア沖へ

© Sputnikロシアの航空母艦 シリア沖へ
ロシアの航空母艦 シリア沖へ - Sputnik 日本
ロシア海軍北方艦隊の大型航空母艦(重航空巡洋艦)「アドミラル(提督)クズネツォフ」は、複数の軍艦に伴われて、地中海の遠洋航海に出発した。情報筋が伝えた。それによれば、航海は4から5カ月続く。

ロシアのラヴロフ外相と米国のケリー国務長官 - Sputnik 日本
露米外相、ローザンヌで会談しシリアについて討議
空母には、最新鋭戦闘機ミグ29及びミグ29P、そしてスホイ33が搭載されている。それ以外に、巡洋艦のため戦闘ヘリコプターKa-52K「カトラン」が用意された。

先に軍事専門家のレオニード・イヴァショフ退役大将は「ロシアは地中海に空母『アドミラル・クズネツォフ』を派遣することで、シリア沖の軍事プレゼンスを著しく強化する」と述べ「ロシア政府は、ソ連崩壊後初めて、空母を演習ではなく戦闘態勢で用いる計画だ」と伝えた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала