新テクノロジー - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

何回地球で生命が生まれたのか?

最新データは、地球の生命はお互いに干渉しないまま数回発生したと示している。米アリゾナ大学のポール・ディビス教授が述べた。また、この形の生命は消滅しておらず、進化の過程の一部となった。つまり、それら生命体の子孫はキノコやバクテリアといった驚くべき生物に変化した。

デス・スター - Sputnik 日本
科学者たち、火星の衛星がどのように「スター・ウォーズ」の「デス・スター」に変身したかを示す(動画)
ディビス氏によると、進化の主流とは並行して生まれた生物の子孫には、超高温および高圧力下で存在でき、非常に塩分の高い湖や火山湖といった、有害物質で満ち溢れた環境での生活に適応できる、微生物や多細胞生物といった極限環境微生物が含まれている。

例えば、全く別種の生活は、太陽の光を必要としない微生物や大型生物が存在している、海底にある熱水噴出孔付近で行われている。

先に、欧州宇宙機関(ESA)の研究グループは、生命誕生のカギを握るファクターは、紫外線であることを突き止めた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала