登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシア国防省、シリアのアレッポへの空爆停止を声明

© Sputnik / Ramil Sitdikovショイグ国防相
ショイグ国防相 - Sputnik 日本
フォローする
ロシア空軍は、モスクワ時間10月18日10時からシリア・アレッポでの空爆を停止する。セルゲイ・ショイグ国防相が発表した。

メディア:EU、またしてもロシアについて合意できず - Sputnik 日本
メディア:EU、またしてもロシアについて合意できず
ショイグ国防相によると、シリア政府空軍もアレッポへの空爆を停止する。ショイグ国防相が強調したところ、10月20日の人道停戦発効より前に、空爆停止は開始される。

ショイグ国防相は、人道停戦中、戦闘員たちが町を離れられるようにシリア政府軍がアレッポから撤退すると付け加えた。

ショイグ国防相によると、戦闘員は「アレッポ東部から武器を持ったまま、2つの特別に作られた回廊を通って出ることができる。回廊の1つ目は、カステッロ道路で、2つ目は、ハイイ市場の地域にある」

「我われはアレッポ東部の武装勢力に影響力を持つ諸国指導部に、武装勢力のリーダーたちが戦闘行為をやめて町を離れるよう説得するよう、提案する」

なお先に伝えられたところによると、米国と英国は、アレッポ周辺の情勢緊迫化を理由に、シリアとロシアに対して経済制裁を導入することを検討している。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала