ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、タイムズ誌の記事の後ロシア・トゥデイの口座凍結を考え直す

© Sputnik / Yevgeniy Biyatovロイヤルバンク・オブ・スコットランド、「ロシア・トゥデイ」の口座凍結を説明
ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、「ロシア・トゥデイ」の口座凍結を説明 - Sputnik 日本
ナショナル・ウエストミンスター(ナットウエスト)銀行の持ち株会社であるロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)は、「ロシア・トゥデイ(RT)」が英国に所有する銀行口座 が凍結されたことについての状況を説明した。

「ロシア・トゥデイ」 - Sputnik 日本
英国政治家:「ロシア・トゥデイ」の口座凍結は言論の自由の侵害
「ロシア・トゥデイ(RT)」が英国に所有する口座は凍結されない。RBSはプレス用の声明では、すべての資産はまだアクセス可能であると述べられており、また、このような決定は「安易には取られない」とされている。ナショナル・ウエストミンスター(ナットウエスト)銀行の持ち株会社である ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(RBS)がやむを得ず口座凍結というアイデアを取り止めた。ロシア政府がナットウェストの懲罰的措置に対して、BBCの資金を凍結し、英国政府に言論の事由における義務に違反していると申し出をするという感触を同銀行が受けたからだ。

これに先立ちナットウェスト銀行の公式サイトには、RTはRBSグループを通さずに新たな銀行契約を締結する必要があると書かれていた。11月中旬にはすでにカードのサービスが打ち切られ、12月12日にはすべての業務が停止される。この決定の見直しは行なわれないと、ロシア24が報じている。

英タイムズ紙は18日、ドミニク・ケネディ氏とトム・パーフィット氏による記事『RBS caves in over ban on Kremlin TV station』を公開した。その記事では、英国銀行が「クレムリンに譲歩した」と書かれている。

記事には次のように書かれている。

「ロシア政府がBBCの資金を凍結する可能性があり、言論の自由の侵害を英国と国際機関に訴えるとの声明を出した後、国立銀行は英国に計画していた懲罰措置を取りやめた」

ハーパー氏は「昨日からRBSの立場は変わっていない」として、「タイム誌の記事は、昨日の我われの声明の後に出された著者たちの仮定だ」と述べた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала