ペルーでチチカカミズカエル1万匹大量死の原因調査(写真)

© AP Photo / Juan Karitaペルーでチチカカミズカエル1万匹大量死の原因調査
ペルーでチチカカミズカエル1万匹大量死の原因調査 - Sputnik 日本
ペルーの環境保護機関は、南米最大の湖チチカカ湖とその支流に住む巨大ガエル、チチカカミズガエルの1万匹が大量死した原因を調査中だ。カエルの死体は、ペルー南部の川で大量に見つかった。BBCが伝えた。

サハリン自然保護区職員、クマと戦って生還 - Sputnik 日本
サハリン自然保護区職員、クマと戦って生還
ペルー環境保護機関は、水質汚染が大量死の原因だと見ている。国は、下水処理場建設に関する地元住民や学者達の陳情に耳を傾けなかった。活動家達は、ペルー南部プ-ノ市の中央広場にカエルの死体およそ100を持ち込んで抗議した。

抗議運動のリーダは「彼らのところに死んだカエルを持ってこなければならなかった。当局は、我々がどのように生活しているか理解していない。彼らは、水がどれだけ深刻に汚染されているか分かっていない。狂っているとしか言いようがない」と訴えた。

チチカカミズガエルは、絶滅危惧種に認定されている無尾翼両生類だ。

​先に伝えられたところによると、ノルウェー南部のハダルゲンヴィッダ国立公園で323頭のトナカイが落雷で死亡しているのが確認された

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала