英国労組の指導者、RT口座凍結は「外国放送への警告シグナル」

© Sputnik / Evgeniy Biyatov / フォトバンクに移行英国労組の指導者、RT口座凍結は「外国放送への警告シグナル」
英国労組の指導者、RT口座凍結は「外国放送への警告シグナル」 - Sputnik 日本
英国のナットウェスト銀行がロシアのテレビ局RTの口座凍結を決めたことについて、英国の主導的労働組合に数えられるRMT(鉄道海運労組)のスティーブン・ヘドリー副書記長は「アルジャジーラ」(アラビア語、英語による衛星テレビ)および他の外国語放送へのシグナルであるとの声明を表した。

ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、「ロシア・トゥデイ」の口座凍結を説明 - Sputnik 日本
ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、タイムズ誌の記事の後ロシア・トゥデイの口座凍結を考え直す
「(ナットウェスト)銀行の決定はRT以外のプレスTVやアルジャジーラなど、事件に対するその視点がいわゆる西側の情報メインストリームというものと異なる、いかなる他のマスコミに対するシグナルを含んでいる。これら外国のマスコミに警句が送られている。『もしこの先も我々の公式的な視点に反撃しながら自分の言い分を通そうとするなら、財政上の問題が生じるようになるぞ』という警句が。」RMTのヘドリー副書記長はこう語っている。

RTの口座凍結の決定についてヘドリー副書記長は「言論の自由に対する許し難い攻撃」であり「スコットランド銀行の主たる株主は国であることから、これは〔銀行〕独自の判断ではない」と指摘した。

「マスコミのあらゆる材料がコントロールされ、公式見解に合致しないとなると発表は許可されないわ、マスコミの財政源を断つわ…。こんなことで我々の国は一体どこに行き着くのだろうか? 今回の決定は全体主義国家へ一歩近づいたことを示す。」へドリー副書記長はこう語っている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала