最も怠惰な労働者はどこに?学者が解明

© Fotolia / Imtmphoto最も怠惰な労働者はどこに?学者が解明
最も怠惰な労働者はどこに?学者が解明 - Sputnik 日本
専門家はどの国の人々が最も勤勉で、どの国では最も怠惰かを語った。ドイツのヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ大学フランクフルト・アム・マイン、カナダオンタリオ州にあるマックマスター大学、米アリゾナ大学の経済学者らによる研究だ。

職場でのセックスによるネガティブな影響 - Sputnik 日本
職場でのセックスによるネガティブな影響
欧州の住む人々に比べ、平均的な米国人はより多く仕事に時間を割いており、労働時間は週平均26時間。さらに、米国人はより遅く退職生活に入る。全体的に、統計的に平均的な米国人は欧州に住む人よりも19%、年間258時間多く働いている。

最も怠惰だと認められたのはイタリア、フランス。ベルギーで、彼らは週平均18時間から19時間。最も働いているのはロシアと中国だということは指摘する価値があるだろう。中国人は週平均29時間、ロシア人は週平均27時間30分働いている。

先に、仕事時間を管理できずストレスをあっ変える人は寿命を大幅に縮め、60歳以上の死亡率は34%増大すると報じられた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала