シベリア初、太古のオウムの化石発見

© Sputnik / Maxim Blinovオウム
オウム - Sputnik 日本
ロシア・ボリシャク記念古生物学研究所の学者ニキータ・ゼレンコフ氏は初めて、シベリアでオウムの化石を発見した。論文は科学誌『Biology Letters』に掲載された。

日本で光合成せず花も咲かない植物が見つかる - Sputnik 日本
日本で光合成せず花も咲かない植物が見つかる
発見したのは、バイカル湖のタガイスク湾の地域で。同地域は、以前、中新世期の動物群が発見されたことで知られている。

ゼレンコフ氏は、オウムのいわゆるふ蹠骨を発見した。1600万年から1800年前のものと見られている。

これは、今日は熱帯や亜熱帯地域でのみ生息しているオウムが、1000万年前にはユーラシア大陸に生息していたことを意味する。

ゼレンコフ氏は次のように説明した。

​「これらの場所で我々はげっ歯類、サイ、猫、カバなど様々な種の動物を発見してきた。しかし、シベリアでオウムを発見したものは誰もいない」

科学関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала