日本銀行、国債売却は予定せず

黒田東彦日銀総裁が、日銀には長期国債の買い入れ額を下げる必要が当面出てくるとは思わないとの声明を出した。このように黒田総裁は、日銀が金融政策を厳しくする意向だとの仮定を否定した。

日本は「アベノミクス」を放棄するべきだ―IMF - Sputnik 日本
日本は「アベノミクス」を放棄するべきだ―IMF
黒田総裁によると、日銀は0%程度としている長期金利の操作目標を維持するために国債を売り、保有額を下げる必要が当面出てくるとはみていない。

黒田総裁はまた、長期金利の操作目標を変えることはないとの認識を示し、将来的には国債を毎年80兆円増やす必要性がなくなってくる可能性があるとの見識も示した。

日銀の政策をテーマにした分析記事は、リンク先でお読みいただけます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала