登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシアとシリアの航空部隊、アレッポ周辺を飛行しなくなって13日目

© Sputnik / Michael Alaeddinシリアのアレッポ
シリアのアレッポ - Sputnik 日本
フォローする
ロシア航空宇宙軍とシリア空軍は、すでに13日間アレッポ上空を飛行していない。30日、ロシアのイーゴリ・コナシェンコフ国防省報道官が述べた。

「比較のために、米国主導の国際的な連合軍は昨日、イラクの100万都市モスルにある住居に9発の空爆を行った」と述べたコナシェンコフ国防省報道官は、空爆の9発のうち2発は「米国の戦略爆撃機B-52Hが行った」と指摘した。

ロシアとシリアの航空部隊は10月18日、アレッポへの空爆を停止した。25日には、アレッポ地域での人道停戦延長の決定が取られた。28日、ロシア軍はプーチン大統領に、アレッポ東部での戦闘員への攻撃再開を許可するよう求めたが、プーチン大統領は攻撃再開を拒否した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала