登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

世論調査:米国人は何を怖がるのか?

© AFP 2021 / Andrew Biraj世論調査:米国人は何を怖がるのか?
世論調査:米国人は何を怖がるのか? - Sputnik 日本
フォローする
米国人は何よりも汚職とテロ攻撃を危惧しており、最も危惧していないのは幽霊、ピエロ、陰口、ゴシップだ。このような結論に至ったのは、米チャップマン大学の研究者で、調査「米国人の最も強い恐怖2016」の結果は今日公開された。

ウィキリークス、クリントン陣営がどのようにハッカーと戦おうとしたかを語る - Sputnik 日本
ウィキリークス、クリントン陣営がどのようにハッカーと戦おうとしたかを語る
米国人の間で最も普及している恐怖は政府職員の汚職に対するものであり、60.6%の回答者が恐怖を味わっている。41%は何よりの恐怖にテロ攻撃を挙げ、39.9%は将来、生きるために十分な資金が無いことに陥る可能性への不安、38.5%は武器貿易に関する政府の規制、38.1%は近親者の死、37.5%は経済、金融破綻を恐れていた。

回答者の3分の1が個人情報への政府の監視と、高額医療を恐れており、32.3%は、米国が新たな世界大戦に加わることを危惧している。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала