登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

原油、9月末以来の安値後に反発

© AP Photo / Hasan Jamali, File原油、9月末以来の安値後に反発
原油、9月末以来の安値後に反発 - Sputnik 日本
フォローする
世界の原油価格が昨日9月以来の最安値となった後の今日、反発した。1日前の最安値は、OPEC諸国の原油生産量凍結に関するアルジェリアの合意実現を巡る情勢が未だ不安定なことが背景にある。

モスクワ時間14時46分時点で、北海ブレント原油1月先物価格は0.66%上がり1バレル=48.93ドル。WTI原油12月先物価格は0.45%上がり1バレル=47.07ドルとなった。月曜日にはいずれも9月29日以来の安値を更新し、1バレルあたり北海ブレント原油は47.98ドル、WTI原油は46.63ドルまで下がっていた。

原油の関連ニュースはこちら

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала