世界で一番大きい雄牛、どこに住んでいるか明らかになる(写真)

デイリー・メール紙が伝えたところによると、オーストラリアに、世界で一番大きい雄牛、「大きなムー」が住んでいるという。ムーの体重は1トン以上で、肩までの身長は1,9メートル、体長は4,27メートルにも及ぶ。大きなムーは、その巨大な身体と凄みのある体躯にもかかわらず、耳の後ろを撫でられるのが大好きだ。そのためムーは、「優しい巨人」というあだ名をつけられている。

ロシアの全長1キロのスプレー画 ギネスブック入り? - Sputnik 日本
芸術あるいは芸術破壊?ロシアの全長1キロのスプレー画 ギネスブック入り?
「ムーは、本来ならもうとっくに成長が止まっているはずなのですが、大きくなり続けています。」と、ムーの飼い主であるミセス・ワインは言う。「私たちが思うには、この現象により納得のいく説明をするとすれば、脳下垂体の腫瘍です。それはつまり、成長ホルモンが過剰に出すぎているということを意味します。まだギネスブックに申請はしていませんが、あんまり大きいので、もし公式的にサイズを測ってもらえたら良いのではないかと思っています。」

​スプートニクはこれ以前、日本のお笑い芸人ピコ太郎さんの「PPAP」(ペンパイナッポーアペン)がギネスブックに載ったことをお伝えした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала