FBIはクリントン電子メール漏洩事件を公訴せず、支持率にどう影響?

© Sputnik / Никита Шохов / フォトバンクに移行FBIはクリントン電子メール漏洩事件を公訴せず、支持率にどう影響?
FBIはクリントン電子メール漏洩事件を公訴せず、支持率にどう影響? - Sputnik 日本
米連邦捜査局のジェイムス・コミ長官は民主党のヒラリー・クリントン候補は国務長官時代の電子メールの漏洩スキャンダルに関して公訴されることはないことを明らかにした。

トランプ氏、クリントン前国務長官 - Sputnik 日本
米大統領選目前:トランプかクリントンか?
米大統領選挙まで10日を残す時点でコミ長官は7月に打ち切られていた捜査に関する新たなメールが見つかったことを明らかにしていた。

この声明によってクリントン候補の支持率は急激にダウン。民主党のリーダーらはコミ長官をトランプ候補におもねているとして非難した。

コミ長官は、FBIの職員らは新たに公開された莫大な文量の電子メールの内容を調べるため「1日24時間」体制であたり、その結果、クリントン氏に関するメールはすべてチェックが終了したことを明らかにしている。

治安維持機関の情報筋がロイター通信に明らかにしたところによれば、クリントン氏のスキャンダルの一件はこれで捜査が打ち切られ、FBIの側からはクレームは出されないことになった。

コミ長官が最初の声明をあらわした後、クリントン候補の支持率は急速に低下していたことから、理論上はFBIの正当化の声明はクリントン候補の選挙争いを後押しする可能性がある。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала