日本・カザフスタンの首脳会談、核軍縮、経済協力で関係強化

© AFP 2022 / Stanislav Filippovカザフスタンのナザルバエフ大統領と安部総理。アーカイブ写真。
カザフスタンのナザルバエフ大統領と安部総理。アーカイブ写真。 - Sputnik 日本
安倍晋三首相は7日、カザフスタンのナザルバエフ大統領と官邸で会談し「核軍縮・不拡散の観点からカザフスタンを重視している」と述べ、2国間関係の強化に期待感を表明した。共同通信が報じた。

カザフスタンのヌルスルタン・ナザルバエフ大統領 - Sputnik 日本
安倍首相 核軍縮へのカザフスタンの貢献を指摘し、ナザルバエフ大統領を長崎に招待
ナザルバエフ氏は「両国関係には潜在力がある。経済で協力していきたい」と応じた。両首脳は、日本からの投資促進を含めた経済関係の強化も確認する。

核軍縮を巡っては、カザフスタン北東部のセミパラチンスクではソ連時代、456回の核実験が行われた経緯がある。100万人以上が被ばくし、今も健康被害が残る。今年は核実験場の閉鎖から25周年に当たり、ナザルバエフ氏は9日に被爆地広島を訪問する予定。

またカザフスタンは石油やレアアース(希土類)などの豊富な埋蔵資源で知られる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала