原油 大統領選と米石油在庫の発表待ちで多方向の値動き

© AP Photo / Hasan Jamali, File原油 大統領選と米石油在庫の発表待ちで多方向の値動き
原油 大統領選と米石油在庫の発表待ちで多方向の値動き - Sputnik 日本
8日、世界の原油価格が、米大統領選挙と米週間石油 在庫統計待ちを背景に、多方向の値動きを見せている。

日本時間で13時58分現在、ブレント原油先物1月限の価格は0.24%値上がりして1バレル=46.26ドル、WTI原油先物12月限の価格は0.04%値下がりして1バレル=44.87ドルとなった。

8日、米大統領選挙の投開票が行われる。

原油の関連ニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала