気候学者ら:グローバルな温暖化を止めるチャンスを我々は逸した

© 写真 : NASA/Scott Kelly気候学者ら:グローバルな温暖化を止めるチャンスを我々は逸した
気候学者ら:グローバルな温暖化を止めるチャンスを我々は逸した - Sputnik 日本
世界をリードする気候学者のいくつかの研究の中では一致して、予測を誤り、我々は温暖化を安定化させる機を逸してしまったとの意見が述べられている。

学者が世界の海洋の急速な乾燥について語った - Sputnik 日本
学者が世界の海洋の急速な乾燥について語った
一連の学者達は、2100年までに大気の温度は地球全体平均で、所謂「黙示録の境界」(7.36℃)を超えるとみている。マスコミ報道によれば、多くの専門家らは、状況を変えることはもう何もできないとの結論に達した。地球が温かい状態にあるという事実をもっと早く考慮に入れなかったため、時期を逃してしまった、とのことだ。

二酸化炭素の濃度がより高まることで、大気は予想されたよりも早いテンポで温められている。それゆえグローバルな温度を、計算された「黙示録の境界」まで上げないよう試みるには、すでにもう手遅れとなってしまった。

気候変動に関する専門家の政府間グループは、2014年、より楽観的ではない予測を出している。専門家たは、4,8℃気温が上昇すれば、もう環境破壊を食い止めることはできないとの結論に達した。

先にマスコミが伝えたところмでは、近く新たな氷河期がやって来る可能性があるとの研究報告がなされた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала