NASA、未来の人類にとって宇宙ゴミがなぜ危険かを語る

地球軌道上の宇宙ゴミは未来の人類にとって大きな危険性を秘めている可能性がある。ヒュー・ルイス氏率いるNASAの研究グループがこのような結論に至った。

学者:水星で3兆トンの水発見 - Sputnik 日本
学者:水星で3兆トンの水発見
グループは地球周回の中軌道で重力場が強まっていることを発見。研究者らによると、これは地球軌道衛星に送られた金属、プラスチック片からなる宇宙ゴミの数の短期的な増加につながる。

専門家たちは、宇宙ゴミの量の更なる増加は、人類にとって痛ましい結果につながる可能性があると確信している。将来的に、これは人類の宇宙開拓を妨害する可能性がある。専門家はまた、地球軌道から宇宙ゴミを除去するのは長年を要する可能性があると確信している。

それより前にNASAは「小惑星来襲」早期警戒システムを作ったとメディアで伝えられた。システムは、向こう5日間で地球に接近する小惑星を発見することができる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала