登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

科学者ら:異星の知的生命体と出会うとき我々はロボットになっている

でフォローする
SETI研究所の科学者セス・ショスタク氏は、他の文明に属する生命体が太陽系や地球を発見する時には、彼らは生物でなく、既にロボットになっている、と考えている。

ブラックホール - Sputnik 日本
ホーキング博士「ブラックホールはもう一つの世界に通じる道」
人類および地球上の技術の急速な発展を考えればそれは容易に証明することができる。1900年にラジオが生まれ、1945年にコンピュータが作られ、今は信じられないほどの計算能力をもつ携帯機器が人気を集めている。

すでに多くの専門家が、もし人間が自分の体への執着を捨て、脳を機械的な殻に移したなら、人間は永遠に生きることができる、と考えている。 2045にかけて工学者らは人工知能を一般の人々に提供する予定で、これが地球人の「ロボット化」の出発点となる。

20〜30年後には最初のロボット人間が生まれる。ショスタク氏は既に地球外の文明が 同様の道をたどったか、またはたどりつつあるということも考えられるとしている。

先にホーキング博士は異星人からのシグナルを無視すべきだと求めたと報じられた。

記事一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала