登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロケット部隊や砲部隊の伝説 「スメルチ」、「ピオン」、「カチューシャ」、その他

フォローする
ロシア軍の有名なロケット砲などを「スプートニク」日本がご紹介します。
© Sputnik / Igor Russak多連装ロケット砲「グラート」は、ソ連時代に開発された。主な目的は、敵の 兵力、機器、司令拠点、砲兵中隊、迫撃砲中隊、戦術的後方のその他の標的の殲滅。
ロケット部隊や砲部隊の伝説 - Sputnik 日本
1/10
多連装ロケット砲「グラート」は、ソ連時代に開発された。主な目的は、敵の 兵力、機器、司令拠点、砲兵中隊、迫撃砲中隊、戦術的後方のその他の標的の殲滅。
© Sputnik / Vitaliy Ankov自走砲「グヴォズジーカ」は、様々なタイプの野外要塞や歩兵火力の制圧、破壊、様々な障害物の開口部の作成、装甲車両や火砲との戦いを目的としている。
ロケット部隊や砲部隊の伝説 - Sputnik 日本
2/10
自走砲「グヴォズジーカ」は、様々なタイプの野外要塞や歩兵火力の制圧、破壊、様々な障害物の開口部の作成、装甲車両や火砲との戦いを目的としている。
© Sputnik / Sergey Mamontov多連装ロケット砲「スメルチ」は、20キロから90キロまでの範囲のあらゆるグループ・ターゲットを破壊するためのもの。「スメルチ」は、核を除いて最大の破壊力を持つ地上部隊の兵器。
ロケット部隊や砲部隊の伝説 - Sputnik 日本
3/10
多連装ロケット砲「スメルチ」は、20キロから90キロまでの範囲のあらゆるグループ・ターゲットを破壊するためのもの。「スメルチ」は、核を除いて最大の破壊力を持つ地上部隊の兵器。
© Sputnik / Alexander Vilf「フリザンテーマS」は、既存の対戦車ミサイルシステムの中で世界最強。「フリザンテーマS」は、戦車、歩兵戦闘車、工兵施設や防御施設、水上標的、低速の空中標的の破壊を目的としている。
ロケット部隊や砲部隊の伝説 - Sputnik 日本
4/10
「フリザンテーマS」は、既存の対戦車ミサイルシステムの中で世界最強。「フリザンテーマS」は、戦車、歩兵戦闘車、工兵施設や防御施設、水上標的、低速の空中標的の破壊を目的としている。
© Sputnik / Vitaliy Ankov多連装ロケット砲「ウラガン」は、1970年代に開発され、今もロシア軍で使用されている。主な目的は、10キロから35キロの範囲の敵の兵力、施設の破壊。
ロケット部隊や砲部隊の伝説 - Sputnik 日本
5/10
多連装ロケット砲「ウラガン」は、1970年代に開発され、今もロシア軍で使用されている。主な目的は、10キロから35キロの範囲の敵の兵力、施設の破壊。
© Sputnik / Igor Zarembo多連装ロケット砲BM-13「カチューシャ」は、大祖国戦争時に同クラスの中で最も大量に生産された、最も大きな効果をもたらすことのできる車両。BM-13は、東部戦線の主要な戦いすべてに参加し、歩兵の道を切り開いた。
ロケット部隊や砲部隊の伝説 - Sputnik 日本
6/10
多連装ロケット砲BM-13「カチューシャ」は、大祖国戦争時に同クラスの中で最も大量に生産された、最も大きな効果をもたらすことのできる車両。BM-13は、東部戦線の主要な戦いすべてに参加し、歩兵の道を切り開いた。
© Sputnik / Igor Zarembo口径152mmカノン砲「ギアツィント」は、敵の兵力、火力、また拠点などにある戦闘用器材や移動中の戦闘用器材を破壊、制圧するためのもの。様々な温度条件の中で首尾よく使用されている。
ロケット部隊や砲部隊の伝説 - Sputnik 日本
7/10
口径152mmカノン砲「ギアツィント」は、敵の兵力、火力、また拠点などにある戦闘用器材や移動中の戦闘用器材を破壊、制圧するためのもの。様々な温度条件の中で首尾よく使用されている。
© Sputnik / Vitaliy Ankov機動的戦術ミサイルシステム「イスカンデル」は、敵の隊列深くにある様々なターゲットを破壊するためのもの。また戦術核兵器の運搬にも使用される。
ロケット部隊や砲部隊の伝説 - Sputnik 日本
8/10
機動的戦術ミサイルシステム「イスカンデル」は、敵の隊列深くにある様々なターゲットを破壊するためのもの。また戦術核兵器の運搬にも使用される。
© 写真 : Vitaly V. Kuzmin自走砲「ピオン」は、1975年に装備され、1980年代半ばに近代化された。現在、世界で最も強力な自走砲の一つ。敵の戦術的後方の施設を破壊することを目的としている。
ロケット部隊や砲部隊の伝説 - Sputnik 日本
9/10
自走砲「ピオン」は、1975年に装備され、1980年代半ばに近代化された。現在、世界で最も強力な自走砲の一つ。敵の戦術的後方の施設を破壊することを目的としている。
© Sputnik / Ildus Gilyazutdinov自走砲「2S3アカーツィヤ」は、敵の兵力、装甲車両、管理拠点、通信拠点の破壊、砲兵中隊や迫撃砲中隊の制圧を目的としている。
ロケット部隊や砲部隊の伝説 - Sputnik 日本
10/10
自走砲「2S3アカーツィヤ」は、敵の兵力、装甲車両、管理拠点、通信拠点の破壊、砲兵中隊や迫撃砲中隊の制圧を目的としている。
ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала