登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

福島第一原発の収束作業で白血病の男性、東電提訴

© AP Photo福島第一原発
福島第一原発 - Sputnik 日本
フォローする
東京電力福島第1原発事故の収束作業に従事して、東電の被爆対策が不十分なため白血病を発症したとして、元原発作業員の男性(42)が東電などにあわせて約5900万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。産経新聞が報じた。

福島 - Sputnik 日本
日本、福島の放射能汚染木材を燃料に
厚生労働省は去年10月、この男性の白血病は被爆が原因だと判断して労災を認定した。

訴状によると、男性は平成23年10月から25年12月にかけて収束作業などに従事し、少なくとも約20ミリシーベルトの放射線を浴びた。26年1月に急性骨髄性白血病と診断された。

会見を開いた男性は、原発の収束作業で今後も労災が増える恐れがあるが、自分が前例として作業員の励みになりたいという旨を述べた。一方、東電は訴状が届き次第、適宜対処するとコメントした。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала