登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

酩酊による判断能力減退を理由に殺人罪が軽減、沖縄地裁

フォローする
22日、沖縄県那覇地裁は、家宅侵入および殺人罪の裁判で被告に対し、犯行時に「飲酒による酩酊で心神耗弱状態」であったことを理由に25年の求刑を14年に減刑した。

沖縄で米軍兵が再び飲酒運転で逮捕される - Sputnik 日本
沖縄で米軍兵が再び飲酒運転で逮捕される
被告の設備工石下慶祐被告は昨年2月日に勤務先の飲み会の後、タクシーで自宅近くまで到着し、面識のない女性の住宅に侵入した挙句、室内にあったナイフで寝ていた女性を数回突き刺して殺害した。

翌日、母親への話では石下被告は犯行を記憶しておらず、「変な夢を見た。気付いたら部屋みたいな所にいて、何かくるまったものを、ナイフか包丁か分からないけど何かでプスプス刺した」などと話していた。

潮海裁判長は減刑の理由について、殺害方法は残忍だが、動機は分からず、被告の平素の人格からも了解困難と指摘した上で、被告人が犯行時飲酒による酩酊で物事の善悪を判断する能力が減退していた恐れがあるとして、責任能力は限定的だったとの判断を示した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала