登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

南海トラフ地震で仮設住宅205万戸必要

フォローする
日本の内閣府は22日、南海トラフ地震が起きた場合、仮設住宅が205万戸必要になるとの試算を出した。首都直下地震では94万戸。同日、仮設住宅確保策の検討に着手。来夏に結論をまとめる予定。共同通信が報じた。

福島第一原発 - Sputnik 日本
福島第一原発の収束作業で白血病の男性、東電提訴
大規模災害時には自治体がプレハブ仮設住宅を整備するが、不足が見込まれる。民間の住宅を借り上げる「みなし仮設住宅」活用のための民間との連携強化が焦点になりそうだ。

内閣府によると、南海トラフ地震では全壊建物が最悪の場合238万6千棟、首都直下地震は61万棟と想定。試算では、全半壊する戸数の3割で仮設住宅が必要になると仮定。

内閣府の有識者検討会は22日に開いた初会合で、民間業者と自治体が普段から連携を強める必要性を確認した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала