登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

火星で巨大な海発見

© 写真 : NASA/JPL-CaltechПланета Марс на восходе
Планета Марс на восходе - Sputnik 日本
フォローする
米国とカナダの地球物理学者が、火星表面下に隠された凍った水からなる巨大な海を発見した。論文は『Geophysical Research Letters』に掲載された。NASAが明らかにした。

学者、火星での未来の家を公開 - Sputnik 日本
学者、火星での未来の家を公開(動画)
水からできた氷(50%~80%)、砂、ガスからできた層は火星の北半球中緯度地方に位置するユートピア平原西の地表下1から10メートルのところにある。凍った水域の厚みは80から170メートル、体積は1万4300立方メートル。

凍った海の発見は火星探査機マーズ・リコナサンス・オービター( MRO )の浅部レーダー「SHARAD」(Shallow Subsurface Radar)によりなされた。

MROが火星に打ち上げられたのは2005年。2006年には火星に到着した。2008年にはMROの主要ミッションが終了に近づいたが、NASAは作業を延長した。MROは火星表面の撮影に加え、火星探査機から地球への信号送信にも加わっている。

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала