登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシアの科学者らが老化、癌、炎症の連関を発見

フォローする
ロシア内外の科学者らがDNA中の遺伝子の一つHMGB2および関連タンパク質が癌の進行と老化に関する細胞のメカニズムを起動する「鍵」であることを突き止めた。ジャーナル・オブ・セル・バイオロジー掲載論文より。

学者、若さを保つ方法発見 - Sputnik 日本
学者、若さを保つ方法発見
「細胞が老化を始めると二つの相互に関連する現象が起こる。一つは私たちの体が腫瘍の出現を避けることを助ける。もう一つは炎症の進行につながる分子を細胞に作らせ、それが癌の進行をも助長する。タンパク質の構造内にDNAのパッケージとなるポイントを発見した。そこにこのパラドックスに対する答えがある」。米フィラデルフィアのペンシルバニア大学のジュガン・ジャン氏が述べた。

ジャン氏およびその同僚たち(中にはカザン連邦大学のロシア人遺伝学者もいる)は遺伝子および遺伝子とDNAの非コード区画の「解読可能性」を司るタンパク質との相互作用を研究することで老年の身体の細胞更新の不可能性と老いの到来との関係の問題を克服する鍵となるかもしれないものを見つけた。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала