登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

大型ハドロン衝突型加速器に監視ロボが「住みつく」(動画)

© CERN大型ハドロン
大型ハドロン - Sputnik 日本
フォローする
欧州原子核研究機構(CERN)は大型ハドロン衝突型加速器の世話をしている。加速器もケアを必要とするのだ。LHCの内部に今回、トンネルシステムを監視するロボットが放たれた。

ロボットはトレイン・インスペクション・モノレール(TIM)と名付けられた。時速6キロでトンネル内をモノレール移動する小さな電車またはキャタピラだ。

トンネルの長さは約27キロ。トンネル内の空気の温度を測定し、酸素濃度を監視するなど、一連のパラメーターをコントロールする。

先に伝えられたところによると、欧州原子核研究機構(CERN)の物理学・高エネルギー研究所にある大型ハドロン衝突型加速器(LHC)が、学者や一般市民を再び驚かせ、心配させた

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала