登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

ロシアの学者 出生時のストレスから赤ちゃんを保護するメカニズムを発見

© Fotolia / Ondroooロシアの学者 出生時のストレスから赤ちゃんを保護するメカニズムを発見
ロシアの学者 出生時のストレスから赤ちゃんを保護するメカニズムを発見 - Sputnik 日本
フォローする
ノボシビルスクの神経生物学者たちは、出生時のストレスや酸素不足から新生児の脳を守る自然なメカニズムを発見した。更なる研究は、早産児の育児をより首尾よく行なうのに役立つ。ノボシビルスク大学の広報部が発表した。これに関する記事は、生理学の主要な国際的雑誌Hormones and Behaviorに掲載された。

学者、最高齢と最年少の母親住む国特定 - Sputnik 日本
学者、最高齢と最年少の母親住む国特定
ノボシビルスク大学の発表では、「ノボシビルスクの研究者たちの研究結果は、出生の過程で子供の脳で作用し、新生児を出生時のストレスや酸素不足から守る特別な分子メカニズムの存在を示している。また結果は、出生前後の赤ん坊のストレスホルモン(グルココルチコイド)のレベルの変化の順次性を説明している」と述べられている。

ノボシビルスク大学は、あるケースではストレスホルモンやそれと同様の薬が新生児の脳の発達にネガティブな影響を与えるのに対し、別のケースではそれを保護するのかがこれまでは不明だったと説明した。
発表されたデータは、過去50年間で米国、カナダ、ニュージーランド、日本、中国の専門家によって行われた研究の矛盾する結果を説明することができる。
ノボシビルスク大学は、「ノボシビルスクの学者たちによって発見された保護メカニズムをさらに研究することで、早産児を治療するために周産期に使用される医薬品の使用を最適にすることを可能とする」と指摘している。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала