パイロット、空母着陸の難しさを語る

カザフスタンの宇宙飛行士でありパイロットのトフタル・アウバキロフ氏がスプートニクに、スホイ33型機の空母「アドミラル・クズネツォフ」着陸時に、着艦時機体制動用ワイヤーのアレスティング・ワイヤーが千切れた理由を語った。

ラヴロフ外相 - Sputnik 日本
露外務省:アレッポに残った戦闘員はテロリストと見なす
氏によると、スホイ33型機の事故は、機体がほぼ停止したのに、慣性がまだ残っているという「最も不適切な瞬間にワイヤーが千切れた時の出来事」だ。機体重量と慣性は非常に大きく、ワイヤー切断を引き押すこともある。

戦闘機の看板着陸は「偉大な技芸」なのだ。揺れる看板に機体を着陸させるパイロットは非常に精密に行動する必要があり、課された着陸停止位置からはみ出さないためには、「極めて繊細な動き」が求められる。

ロシア国防省は5日、シリアで戦闘任務を終えたスホイ33号機が空母「アドミラル・クズネツォフ」着陸の際にデッキから飛び出したと発表した。パイロットは無事だった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала