防衛大臣、パイロット墜落死で米軍に安全策遵守を呼びかけ

高知市沖の米軍岩国基地(山口県岩国市)所属のFA18戦闘攻撃機が墜落した事故で、在日米海兵隊は9日、現場周辺海域で収容されたパイロットの死亡が確認されたとツイッターで明らかにした。共同通信が報じた。

稲田朋美防衛相は同日の記者会見で、米側に事故原因の究明と再発防止を申し入れた。

「安全確認を徹底した上で飛行することを強く求めて参りたい」と述べた。

ツイッターなどによると、死亡したのは大尉の男性。7日午後、高知沖の米軍訓練空域を編隊飛行していた2機のうち1機が墜落した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала