「生き地獄」から逃れるための自殺―日本の高校生の遺書を遺族が公開

11月下旬に自殺した新潟県の男子高校生の遺書が遺族により公開された。「本当はもっと生きたかったけどもう生きていける気がしません」などと記されていた。毎日新聞が伝えた。

日本警察 - Sputnik 日本
福岡県で病院にタクシーが突っ込み3人死亡
遺書はノートから切り取った紙1枚に書かれ、自室の机の上に置かれていたという。学校の教諭に複数回相談したが解決につながらなかった経緯にも触れられていた。

生徒の父親は「学校から、一言『悩んでいるようだ』と教えてもらえていれば結果は違ったと思う」と話しているという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала