僕を300万ルーブル買って! ロシア人が自分で自分を競売に

モスクワ在住の21歳の男性が婚姻オークションに自分を出展。オークション出展の動機は抱え込んだ借金の返済だった。

​このかなり変わった広告が掲載されたのは、それこそ変わった贈り物を集めたショップ「Pichshop.ru」のサイト。アレクサンドル・クラマレンコさんは35歳以下で一番多額の掛け金をかけてくれた女性と結婚すると公言している。

クラマレンコさんの抱える借金は300万ルーブル(日本円でおよそ570万円)を超える。これを帳消しにするにためにクラマレンコさんは夫として自分を「購入」してくれるよう提案したというわけ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала