進歩が余りにも行き過ぎた時:日本人に「バーチャル嫁」を持つことが提案される 【動画】

© 写真 : Youtube/info vinclu進歩が余りにも行き過ぎた時:日本人に「バーチャル嫁」を持つことが提案される
進歩が余りにも行き過ぎた時:日本人に「バーチャル嫁」を持つことが提案される - Sputnik 日本
日本企業ウィンクルは、「バーチャル嫁」を持つことを可能とする装置「Gatebox」の予約受付を開始した。16日、テレグラフ紙が報じた。

「Gatebox」は、コンピュータシステムと、「逢妻 ヒカリ(あずまひかり)」という名前のバーチャル少女を表示するプロジェクターを備えた装置。

キャラクター「逢妻 ヒカリ」は、主人と会話をしたり、メッセージを書いたり、朝になると起こしたりしてくれるという。

テレグラフ紙によると、「バーチャル彼女」は、主人の帰りが遅いと怒りのメッセージを送り、「孤独を感じている」ことを説明するという。「Gatebox」の価格は29万8000円。

なおテレグラフ紙は、「バーチャル嫁」のアイデアは全ての人に感銘を与えたわけではないと指摘している。例えば、フェイスブックの「Tokyo Otaku Mode」のページでは、複数のSNSユーザーが「うつ状態を引き起こす」との考えを示し、ある人々は、「Gatebox」によって出生率が低下する可能性があると指摘した。

なお先に伝えられたところ、日本人熟年男性が実の妻を捨て「セックス・ドール」と暮らし始めた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала